xpから7へ引っ越し・アップグレードする際、価格問題で躊躇はNGです

xpから7へ引っ越し アップグレード 価格 問題



御剣
国内パソコンの約3分の1に搭載されている
「ウィンドウズXP」のサポート期限が、
2014年4月9日に切れるとして、
利用者に新OS「ウィンドウズ8」へ移行するよう
日本マイクロソフトが呼びかけています。


XPと言えば当然多くの企業でも採用している
OSソフトであり、昨今の不景気の影響で経費削減に
迫られている特に中小企業では、ウィンドウズ8へ
移行する費用ももったいないとし、変更しないかもしれません。


もしくは、このような呼びかけさえ知らずに、期限切れ後も
そのまま使用し続けるかもしれません。


当然期限切れ後のリスクとして、
ウイルスに感染したり、不正アクセスを受けたりする
危険性が大幅に高まってしまいます。


私だけは大丈夫という安易な気持ちでいると、
いつの間にかクレジット情報を盗まれたり、
様々なパスワードを盗まれたりしてしまい、
大損害を被る恐れがあります。


今こうして叩いているキーボードの押し順
つまりどういう文字を入力したかがわかる
ウイルス(不正アクセス)があると言われて
いますので、パスワードなんかは筒抜けですね。



その為、例え一時的にお金がかかったとしても
パソコンの基幹であるウィンドウズを最新バージョンに
更新しておくことを強くオススメします。


もちろんMacユーザーもいらっしゃるでしょうが、
基本的に電子機器関係のソフトやハードは
常に最新版にしていることが望ましいですね。






スポンサードリンク
スポンサードリンク

合わせて読みたい関連記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る