英語の勉強方法を学ぶだけではダメ!豊かな人間性が大切です。

英語 勉強方法 豊かな人間性



御剣
小学生の英語検定2012年度志願者数が
初めて20万人突破した様です。

10年で1・8倍に増え、低学年の伸び率が大きく、
増加の背景には高学年での英語必修化や
グローバル化の影響で、親の英語への関心が
高まってことが理由にあるそうです。


日本の風習として、多くの人が注目していること
を追随していないと村八分にされる、
乗り遅れてしまうというという危機感から
追随する人々が多くいます。


もちろん、英語を学ぶことは重要です。
実際私も留学しており、
英語の大切さ、重要さは身にしみて理解して
いるつもりです。


しかし、英語が話せただけでは意味がありません。
話す内容つまりコンテンツがもっと重要です。


極端な話、海外に一人で放り出されれば
生きて行かなければならないので、
必死で相手の言っていることを理解しようとし
英語は時間が経てば自然と身についてくる
ものです。



ただ、自分の意見を論理立てて相手を説得させる
状況に立たされた場合や、相手の協力を仰ぐ場合
いかにきれいに英語を話せても全く意味がないのです。


自分はこれだけの努力をし、これだけの知識をもっている
から是非とも協力願いたい、という場面では、これだけの~
という部分がとても大事であり、この部分がないと
相手のハートに響かず、薄っぺらい英語になってしまいます。



その為、英語を学ぶことは重要ですが、その前に、あるいは同時に
色々な体験、経験を積み話に深みを持たせられる人間
になるよう努力することをオススメします。


いくらカッコイイことを言っても、薄っぺらい内容だと
全くその人に魅力を感じることができませんよね。






スポンサードリンク
スポンサードリンク

合わせて読みたい関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る