営業職の方へ:コツやトーク力、飛び込みも辞めたい方など

営業職 コツ トーク 力 飛び込み 辞めたい



御剣
おそらく、多くの人は新聞のセールスマンがくると聞くと
嫌だなと思うと思います。

なぜなら、新聞を買ってくださいオーラがとても強く
新聞のみの説明ににフォーカスをし、もういいよっ・・・というくらい
ガンガンセールスしてくるからです。


そもそも、新聞を欲しいと思っていない人に対して
新聞を売ろうと思っても、ターゲットが的外れなので、
成約までもっていくことができないのです。

同様に、デパートで化粧品や美容グッズについて眺めていても
自分が欲しいと渇望していない限り、よほど安いか
何かしらの特典、例えば無料サンプル等がないと
いくら販売員が声をかけてきても、逆に迷惑であり、
一人でゆっくりみたいよ、やめてくれ、となってしまうわけです。


どうしてこのようなことが起きてしまうのかというと、
単純に購買意欲は論理ではなく、感情により左右されるからです。


小さい子供であれば、ポケモンやプリキュア、ドラえもん等の
おもちゃがただただ欲しいのであり、別にそれを買ったから
こういうことが可能になる等の論理立った考えは無いのです。

大人であれば、多少の理性は働きますが、欲しいと思ったもの
はどうしても欲しいというのが人間の性である為、
高額な住宅や車さえもローンを組んで購入するのです。



その為、何か人にモノを売りたいと考えている人は、
購入者の感情を動かす仕組みを考えることに全精力を
傾けることをオススメします。


どんなにモノを売ることが苦手な営業マンでも、
このことを理解し実行できれば、即スーパー営業マン
に変身することができますので、感情とは魅力的であるとともに
恐ろしいものですね。





スポンサードリンク
スポンサードリンク

合わせて読みたい関連記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る