喜怒哀楽がない人は顔の病気に注意!激しい人はOK?

喜怒哀楽 激しい 顔の病気



御剣
よく、「笑うとシワにが増えるからなるべく笑わないで無表情でいる」
という人がいます。

しかし、これは大きな間違いです。
理想のシャープな顔になるには、喜怒哀楽をはっきりと顔にあらわし、
顔の筋肉を目一杯使うことが重要です。



例えば、笑う時はそのおかしさ、うれしさを
顔一杯にあらわして心から笑う。

また、悲しいときはこれでもかという位落ち込み
相手から大丈夫と言われる様な表情で心から泣く。


これによって、それぞれの役割に応じた顔の筋肉が動き、
筋肉同士が連動して結果的に筋肉が鍛えられるのです。


実は顔の筋肉のうち、頻繁に使われているのは
たった25%程度と言われています。


意識して顔の筋肉を使わないと、結果的に皮膚を支える
土台となる筋肉が衰えることによって、シワが増えてしまいます。


もちろん、鍛えるときには、シワになりにくいエクササイズが必要では
あります。



その為、シワを増やしたくなく、且つシャープな顔を得たいならば、
自分の感情に素直になり、喜怒哀楽を素直にあらわすことを
オススメします。


自分の感情を押し殺してしまっていては、
例えば美味しいものを食べた場合でも
最高の美味しさを感じることはできないですし、
もったいないですよね。






スポンサードリンク
スポンサードリンク

合わせて読みたい関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る